ノミ・ダニからペットを守るためのフィプロフォートプラス通販

\90秒で注文完了/フィプロフォートプラスの購入はこちら

ペットのイメージ 犬や猫は、人間と長い時間を共有してくれる動物です。

一度家族として迎えたからには、できるだけ長い時間をいっしょに過ごしたいもの。

そのためにも、犬猫の健康管理に注意を払うのは飼い主さんの務めになります。

犬猫は他のペットと違って外出する頻度が高いため、外で怪我をしたり病気を移されることも少なくありません。

近年では室内飼いされる犬猫が増えており、以前に比べて外の活動時間は減りつつあるようですが、それでもわずかな外の時間で病気を持ち帰る可能性はあります。

その代表として挙げられる1つが、ノミ・ダニの寄生です。

これまでも多くの愛犬家や愛猫家を悩ませ続けてきたノミ・ダニの問題について、詳しく見ていきましょう。

 

犬猫を苦しめる寄生虫病、ノミ・ダニ

ペットと飼い主のイメージノミ・ダニは寄生虫といわれ、犬猫の体に寄生してさまざまな症状を引き起こします

犬や猫のように体毛が長い動物には寄生しやすく、特に件数としては犬ノミより猫ノミの方が多く見られるようです。

犬あるいは猫を飼っている家では、一度は直面したことのある問題ではないでしょうか?

ここでは、ノミ・ダニの生態や寄生による症状、寄生を防ぐ方法などについてまとめました。

ノミ・ダニが犬猫に寄生するまで

ノミ・ダニは公園の草むらや石の影などに多く潜んでいます。

また、飛躍力が高いため、近くを通った犬や猫の体に直接飛びつき、そのまま寄生することが多くあります。

犬猫が通らなくても、人間の服や靴の裏に付着することで、そのまま家に持ち帰られるというケースもあります。

家に持ち帰られたノミ・ダニは、家具の影や布団など、主に暖かく暗い場所を活動拠点にして繁殖します

そして、室内にいる犬猫にたどり着くと、犬猫の体に寄生するようになるのです。

このように、ノミ・ダニは室内や室外に関係なく、犬猫に寄生するチャンスを作ることができます。

人間がノミ・ダニ寄生のきっかけを作っているケースもあるため、犬猫だけではなく自分の身の回りの環境にも注意した方がいいでしょう。

ノミ・ダニに寄生されたらどうなるのか

ノミ・ダニが犬猫の皮膚に寄生すると、まず血液を吸って自分の養分にします。

そして養分を蓄えた体で卵を産み、繁殖していきます。

ノミ・ダニの活動は主に繁殖することです。

繁殖力は大変強く、一週間で数百匹まで増殖することも不可能ではないと考えられています

ノミ・ダニに吸血されることで犬猫は皮膚アレルギーを起こし、脱毛や炎症、かゆみといった症状が皮膚に現れるようになります。

また、吸血された影響から貧血を起こすこともあります。

さらに、ノミが他の寄生虫を体内に持っていた場合、犬猫が他の寄生虫病を発症する可能性もあります。

ノミの体内にたまに潜んでいる寄生虫として瓜実条虫が挙げられます。

犬猫が毛づくろいの途中でノミを口にしてしまうと、瓜実条虫がノミを通して体内に取り込まれ、そのまま瓜実条虫症という病気に発展します。

このように、ノミ・ダニは他の病気の引き金になる可能性も持っています。

ノミ・ダニの寄生は気づいた段階で早めに対策をとらなければ、繁殖を許してしまうことになるのです。

ノミ・ダニへの対策として、飼い主にできること

ペットのイメージノミ・ダニから大切な犬猫を守るため、飼い主さんにできることはたくさんあります。

まず、犬猫のシャンプーやブラッシングを定期的に行うことです。

皮膚を清潔に保つことで、ノミ・ダニが寄生しづらい環境を作ります。

ブラッシングはノミ・ダニの早期発見につながりやすいので、習慣づけるようにしてください。

次に、身の周りの環境を清潔にすることです。

ノミ・ダニが活動しやすいような場所はこまめに掃除をして、繁殖を妨げましょう。

犬猫がよく使うベッドや布ものがあれば、洗ったり陽に干したりして清潔に保つようにしてください。

そして、ノミ・ダニを薬で駆除することです。

ノミ・ダニはあちこちに生息しているので、寄生の危険性をすべて避けて通るのはなかなか難しいといえます。

しかし、犬猫の体へノミ・ダニ駆除の薬を投与することで、犬猫をノミ・ダニの寄生から守ることができます。

ノミ・ダニ駆除を定期的に行い、犬猫を襲うノミ・ダニを確実に撃退しましょう。

 

フィプロフォートプラスは通販で始められるノミ・ダニ駆除方法

飼い主のイメージノミ・ダニ駆除は動物病院でも推奨されていることです。

ノミ・ダニ駆除方法に何を使用するのか、どういった方法で行うのかについては動物病院によって違ってきます。

今回は、フィプロフォートプラスというノミ・ダニ駆除薬に注目しました。

フィプロフォートプラスはノミ・ダニ駆除の効果が強く、薬として信用できると同時に、医療費の安さという面においても活躍します。

1回塗れば全身に広がる、フィプロフォートプラスの効果

フィプロフォートプラスは、サヴァ・ヴェット社で製造・販売されている駆除薬です。

犬猫の体に直接薬液を塗って使用する、スポットタイプのものになっています。

フィプロフォートはフィプロニルとS-メトプレンの2つの有効成分で作られています。

これは、日本の動物病院でも処方されているフロントラインプラスと同じ成分です。

フィプロフォートプラスは、フロントラインプラスのジェネリックとして誕生しました。

そのことから、他のノミ・ダニ駆除薬に比べると安価で販売されています。

 

有効成分の1つであるフィプロニルは、犬猫の皮膚に塗り込まれた後は吸収され、全身の皮膚の層に広がります。

そして、塗ってから24時間以内にノミの生命活動へ働きかけ、駆除に追い込みます。

さらに、もう1つの有効成分であるS-メトプレンはノミの体内まで浸透し、そのノミが産む卵や幼虫がそれ以上育てないように作用します。

こうして、犬猫の体からノミの成虫と幼虫、卵が駆除されていくことになります。

そして、同じような効能によって、薬を投与してから48時間後にはダニの駆除にも作用が発揮されます。

このように、2つの有効成分の働きにより、犬猫の体からノミ・ダニを完全に駆除します。

また、この駆除効果は投与してから1ヶ月継続するため、1ヶ月はノミ・ダニの再寄生も防ぐことができるのです。

すぐできる!フィプロフォートプラスの使い方

1ヶ月に1回、ピペット1本分を使用してください。

数ヶ月続けて駆除をする場合は、効果期間が被らないよう、毎月同じ日付に使用を行ってください。

犬猫の肩甲骨、ちょうど首の付根辺りの毛をかき分け、ピペットの先端を当てます。

この時、犬猫が自分でなめ取れないような場所に塗るようにしてください

ピペットを2~3回に分けて押し、薬液が皮膚に直接触れるように押し出します。

ピペットの中が空になったら、塗布が完了します。

フィプロフォートプラスの使用量目安

フィプロフォートは、犬用と猫用がそれぞれ分けて作られています。

猫用は1種類のみですが、犬用には体格別で4種類が用意されているので、使用する前には犬の体重を測って適量のものを選ぶようにしてください。

犬用のフィプロフォートは体重60kgまで対応しています

もし60kg以上の犬に使用する場合は、他の体重のものと組み合わせて量を調節してください。

 

フィプロフォート犬用の体重目安

小型犬用:10kg未満

中型犬用:10~20kg未満

大型犬用:20~40kg未満

超大型犬用:40~60kg未満

 

フィプロフォートプラスを使用する際の注意点

飼い主のイメージフィプロフォートプラスは安全性の高い成分で作られていますが、使い方によってはペットの体に異常が見られる可能性もあります。

安全に使用するためには、注意点に反しない正しいフィプロフォートの使い方を知っておきましょう。

副作用について

フィプロフォートが乾く前に薬液を舐め取ってしまうと、流延などの症状が一時的に現れることがあるので注意してください。

また、副作用として皮膚のかゆみや脱毛、炎症などが見られることがあります

これらの症状は一過性のものがほとんどですが、症状が治まらなかったり悪化する場合は獣医師に相談したほうがいいでしょう。

フィプロフォートプラスを使用できない対象

フィプロフォートは、現時点で犬用と猫用だけ作られています。

ほかの動物には使用しないでください。

特に、うさぎに使用すると重度の副作用を引き起こす恐れがあるため、誤って近づけることがないようにしましょう。

また、生後8週齢未満の子犬と子猫には使用できません。

他にも衰弱、高齢、妊娠または授乳中のペットに使用する際は、あらかじめ獣医師に相談してください。

薬をなめないように注意

フィプロフォートプラスを使用した後は、薬液をなめないよう、乾くまで見てあげてください。

多頭飼いの場合は他の子に舐められる可能性があるため、乾くまでケージに入れたり別の場所に移したりするなどの対策をしてあげましょう。

薬を塗った後のシャンプー

フィプロフォートを使用した後、犬は24時間、猫は48時間経過した後ならシャンプーをしても問題ありません。

それまでは、体を濡らして薬液が流れたりしないように注意してください。

 

フィプロフォートプラスは通販で始められる予防の1つ

ペットのイメージ新薬のフロントラインプラスは日本の動物病院でも処方を受けられますが、フィプロフォートプラスは日本での処方がありません。

それは、フィプロフォートが日本でまだ未承認の薬だからです。

しかし、実際にフロントラインプラスのジェネリックとしてフィプロフォートを使用している愛犬家・愛猫家はいます

日本で処方されないはずのフィプロフォートを、どうやって手に入れているのでしょうか?

実は、フィプロフォートの通販を活用すれば購入が可能になるのです。

通販のフィプロフォートは海外からの取り寄せ

フィプロフォートの通販は、個人輸入代行といわれる方法になります。

個人輸入代行とは、海外の会社から日本国内までフィプロフォートを取り寄せるものです。

個人輸入』では海外の会社へ直接注文をするため、外国語を使ったり、特殊な税金の計算をしたりする必要があります。

個人輸入代行サイトを活用すると、利用者の注文を受けた代行サイトが海外の会社へ伝えてくれます。

さらに、金額の計算などの複雑な手続きも代行サイトが行ってくれます。

自力でやろうとすれば手間がかかる個人輸入ですが、個人輸入代行サイトのサポートによって、誰もが気軽に利用できるようになるのです。

 

フィプロフォートの通販は合法なのか

ここで湧いてくるのが、フィプロフォート通販が合法なのか?という疑問です。

ペット用とはいえ、海外から薬を輸入すると聞くと警戒したくなるのは自然な反応かもしれません。

結論からいえば、フィプロフォート通販は合法として認められています

個人輸入代行は、財務省や農林水産省からいくつかの条件が定められています。

条件を守った範囲内で行われていれば、個人輸入代行は違法扱いされることはありません。

ただし、条件を超えた使用方法をすれば違法として処分を受けます。

このため、違法としてみなされるような行動は自粛し、安全に通販を行うようにしましょう。

フィプロフォート通販で決められた条件

フィプロフォートの通販を利用する上で、守る前提として定められた条件があります。

それは『購入した商品は自己責任で使用する』ことと『個人での使用を目的に購入する』ことです。

これらの条件から判断できるのは、通販で購入したフィプロフォートを第三者に分けたり、誰かに売りつけたりする行為はルール違反ということです。

また、フィプロフォートを使用した後でペットの体に異変が起きても、通販でフィプロフォートを購入して使用した飼い主さんの自己責任とみなされます。

フィプロフォート通販を安全に活用するためにも、通販の利用における条件について理解しておくべきでしょう。

 

フィプロフォート通販サイトの使い方手順まとめ

フィプロフォートプラスフィプロフォートの通販は、代行サイトの活躍のおかげで、わかりやすく簡単に行えるようになりました。

では最後に、実際のフィプロフォート通販の利用手順を紹介します。

通販のシステムを理解している人にとっては、説明なしでもできる手続きがほとんどです。

 

  • 1 通販サイト内でフィプロフォートを探す
  • 2 今回注文する数を決め、カートへ確保する
  • 3 必要な情報を入力して、注文手続きを進める
  • 4 代金の支払いを完了させる
  • 5 フィプロフォートが届くのを待つ

 

この手順通りにすれば、フィプロフォート通販の手続きは完了です。

また、フィプロフォートの配送には2週間ほどかかることもあるため、余裕を持った注文を心がけるようにしましょう。

フィプロフォートプラスの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました